ハチノコライフ!~蜂の子生活~

栄養満点の蜂の子を食べよう

蜂の子というのは、ミツバチやスズメバチ、クマバチなどの蜂の幼虫や蛹のことで、古くから滋養強壮の食材として食べられてきました。日本では長野や静岡、山梨などで生産されています。蜂の子の歴史で最も古いのは、東アフリカで食べられていたというもので、その時期はなんと150万年前だそうです。

蜂の子は栄養満点で、タンパク質や炭水化物の他、ビタミンCやビタミンB群、ミネラル、アミノ酸など多くの栄養素がたっぷりとつまっています。蜂の子には、ロイシンやリジン、トリプトファンなどの、体内で合成することができない9種類の必須アミノ酸が入っています。蜂の子に入っているアルギニンやアミノ酸は滋養強壮に良いとされており、精力アップに関係しているミネラルや亜鉛も豊富です。

また、蜂の子に含まれているミネラル成分のセレンは抗酸化作用があり、肌の老化を予防することができるためアンチエイジング力もあります。シワやシミなど加齢による肌の老化に悩んでいる方は、蜂の子の抗酸化パワーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、蜂の子は、昔から薬としても利用されてきました。蜂の子は中国では長寿の作用がある薬として分類されており、頭痛を治したり肌のツヤを出し若々しい肌をつくることができるといわれています。

栄養満点で様々な効能がある蜂の子を食べましょう。もし、蜂の子を食べるときに見た目が苦手という方がいらっしゃれば、蜂の子の栄養分がギュッと濃縮されているサプリメントを利用すると良いですよ。