厳選&比較

蜂の子とメニエル病の関係

めまいや耳鳴り、難聴などに悩まされる難病であるメニエル病。症状が顕現する度合いや、めまいの起こる時間の長さなど、個人差の大きい病気でもあります。

このメニエル病の原因は耳の中にある内耳のリンパ液が増えすぎて内リンパ水腫になるためといわれています。内リンパ水腫の原因はストレスであるともいわれ、メニエル病には特効薬がないとされるのも、ストレスなど要因となるものや症状に個人差があるためです。

確たる原因がわからないメニエル病に関しては、めまいや内リンパ水腫については薬で抑えることも可能とされていますが、メニエル病の代表的な症状である耳鳴りや難聴を根本的に治療する薬はないといわれています。しかし、蜂の子に含まれるアミノ酸のひとつであるトリプトファンで、メニエル病の症状を改善できるという報告があり、ある種の特効薬になりうるとして注目を浴びています。

トリプトファンは自律神経を整える働きがあり、めまいや耳鳴りなどの原因となる自律神経の乱れを正し、症状を緩和してくれるというものです。また、蜂の子には亜鉛やマグネシウムなどのミネラルも豊富なため、難聴の改善に役立つ栄養素としてメニエル病の症状を和らげる効果が期待できます。さらに、蜂の子を摂取することでストレスに反応して分泌されるホルモンのひとつである、コルチゾールの値を減少させるという報告もあり、ストレス緩和にも効果があるとされています。メニエル病の原因ともいわれるストレスを抑え、めまいや耳鳴り、難聴の症状を緩和する効果の期待できる蜂の子は、まさにメニエル病の救世主といえるのです。

トップに戻る