厳選&比較

蜂の子に含まれるセロトニンの効果とは

昔から「精のつく食べ物」「珍味」として世界各地の山間部で貴重な食材として重宝されてきた蜂の子は、たんぱく質やアミノ酸、ビタミンやミネラルなどたくさんの栄養素をたっぷりと含んだ高い栄養価を誇る食材です。

近年では研究や臨床データの分析から蜂の子がうつ病の予防やうつ病患者の症状改善にも効果があることがわかってきています。
うつ病と深い関係にある「セロトニン」という脳内ホルモンを生成する原料「トリプトファン」というアミノ酸を多く含んでいることがわかったのです。
常にひどい疲労感や強いストレスにさらされている状況が続くと、脳の視床下部から分泌されるセロトニンが分泌されにくくなります。
うつ病患者のセロトニン分泌量を測定してみると、そうでない健康な人と比較しても極端に分泌量が少ない状態なのです。

蜂の子を意識して摂取することで極端に分泌量の低下してしまったセロトニンをたくさん産生し、分泌を促す効果があると期待されています。
また、うつ病と診断されていない人でも、強いストレスにさらされる環境の人は予防的な意味で蜂の子を摂取し続けておくとストレス耐性が強くなり、うつ病に罹患するリスクを軽減することができます。

蜂の子はその名前の通り、蜂の幼虫やサナギですから昔ながらの佃煮や甘露煮で食するのは、なかなかその見た目から勇気がいる人もいることでしょう。
そのような人にはサプリメントに加工されている蜂の子製品を利用してトリプトファンはじめ、メンタルヘルスに有効なアミノ酸やビタミンを摂取する方法もあります。
蜂の子初心者にはサプリメントから始めることをおすすめします。

トップに戻る