厳選&比較

大昔から食されている蜂の子の可能性

蜂の子とは読んで字のごとく、蜂の幼虫やさなぎを指します。
蜂の種類は問わず、ミツバチ、スズメバチ、クマバチ、アシナガバチなどさまざまです。

その歴史は古く、2000年以上前から滋養強壮食品として重宝され、中国、ルーマニア、タイ、メキシコ・・など世界中で貴重な栄養源として食されてきました。

「神農本草経」といわれる中国最古の薬学本では、蜂の子は最高評価を意味する「上品」に位置付けられました。
信頼性の高い漢方薬として多くの人々に知られ愛されていました。

日本でも長野県や岐阜県などでは郷土料理として食され今でも大切にされている食材です。
昔は海のない山間地方にとって、蜂の子は貴重なたんぱく源だったのでしょう。
このように太古の昔から現代に至るまで蜂の子は人々の健康に役立てられていました。

ではその蜂の子の優れた栄養素とはどのようなものなのでしょうか。
蜂の子の主な成分はたんぱく質です。
人の体内では合成できない9種類の必須アミノ酸がすべて含まれていることも蜂の子の特長です。
他にはビタミン、ミネラル、脂肪酸などを含み小さな蜂の子の中に豊富な栄養素がギュッと詰まっています。
蜂の子は大昔から豊富な栄養源として人々の健康をサポートしていたことがわかります。

また蜂の子の効能で最も知られているのは耳鳴りや難聴といった聴力の改善です。
蜂の子に含まれる亜鉛やマグネシウムが聴力改善に影響しているといわれています。
さらには加齢による皮膚のシワやたるみの改善、抜け毛や白髪の予防といったアンチエイジング効果も期待できます。
その他には免疫力向上、体力増強、婦人科疾患改善、衰弱した内臓機能改善など期待される効能は計り知れません。

長い歴史の中で培った信頼性と最新の科学的研究により明らかになった効能を持つ蜂の子は、正にスーパーフードといえるでしょう。
蜂の子はまだまだ多くの可能性を秘めた食材です。

トップに戻る