厳選&比較

漢方薬としての蜂の子

蜂の子は、日本で、特に内陸部では、貴重なたんぱく源として、古くから重宝され、食されてきました。
最近では、蜂の子のサプリメントなども多く出回るようになり、私たちにも身近になりました。

ところで、蜂の子の歴史は、中国ではもっと古く、1000年以上もまえから、薬として、使われていたのです。
老若男女問わず、頭痛や腹痛や、むくみに効果があるとして、知られていました。

現在でも、蜂の子は、実は、漢方薬の原料にもなっているのです。
蜂の子を漢方薬として処方してもらう場合には、それぞれ個人の症状にあわせて、蜂の子以外の漢方と調合して処方してもらいます。

サプリメントとしての蜂の子の場合は、蜂の子の成分だけに特化してしまい、それだけでは効果がない場合もあります。
そのような場合には、他の成分と調合して蜂の子を摂取することを試してみる価値があるといえます。
調合した漢方薬が、体に合った場合、劇的に症状が改善されることがあるからです。

漢方薬として、蜂の子が処方されるのは、耳鳴りや難聴の改善を目的とする場合が多い様ですが、蜂の子の効能は多岐にわたりますので、貧血やめまい、むくみなどに悩んでいる人も相談してみることをおすすめします。
漢方薬やサプリメントと違い薬になりますので、服用の際には十分な注意が必要です。
医師や薬剤師と他の薬との飲み合わせや、安全についてきちんと事前に相談をし、処方してもらいましょう。

トップに戻る