ハチノコライフ!~蜂の子生活~

排卵期のめまいに蜂の子が効果あり?

排卵期の感じ方は人によって違います。排卵は生理のおよそ2週間前に起こる、卵巣で作られた卵子が卵管を通って子宮に降りてくるという現象ですが、このとき卵子を排出するために卵巣がパンパンに膨らむので人によっては下腹部が張ったり、排卵痛という痛みを感じることがあります。

排卵期はホルモン量が変化するので、排卵痛の他にもほてり、のぼせなどの更年期障害に似た症状や、フワフワとした感じのめまいを引き起こすことがあります。排卵期にこのめまいや耳鳴りを感じる人はとても多く、産後または更年期になるほど起きやすくなります。排卵期のめまいはホルモン量の変動が自律神経に影響を及ぼすことで引き起こされるものですが、この症状に効果があるとされているのが蜂の子のサプリメントです。

蜂の子サプリメントはローヤルゼリーなどと同じく蜂から取れる栄養食品で、滋養強壮や体力増強に効果があるところは同じなのですが、さらに自律神経を整える力に特化しています。これは蜂の子に含まれる動物性の必須アミノ酸によるものですが、この成分は自律神経の乱れによるめまいのほか、耳鳴り、難聴にも効果があるとされています。

排卵期になると毎回めまいがする人や、もしくは頻繁にめまいを感じて困っているという人は、できれば排卵期に入る前から蜂の子を飲み始めると予防効果が期待できます。ただし蜂の子は原料が蜂蜜やローヤルゼリーと同じですので、蜂にアレルギーがある人は飲用を控えた方が無難です。