厳選&比較

蜂の子の栄養って?食べたい人は岐阜県へ行こう!

栄養満点の蜂の子を一度食べてみたいという人もいるでしょう。蜂の子は、日本の山間部やルーマニア、タイなどに生息するクロスズメバチなどの子どもで、豊富な栄養を持つことから、人間には食用として親しまれてきました。特に、海の無い山間部では貴重なたんぱく源として重宝されてきました。蜂の子は、たんぱく質の他、ビタミンCやB群、アミノ酸など、多くの栄養を持っているのです。戦後の食糧難の時にも重宝されたと言われています。

そんな蜂の子は、最近では捕獲する人が減ったため、どこでも手に入るというものではなくなってきました。現在では一部の地域でのみ販売している状態です。そのため、気になる蜂の子を食べてみたいという人は、岐阜県の恵那市で行っているへぼ祭りに参加することがおすすめです。ヘボとは、この地域で呼ばれている蜂の一種を示すあだ名のことで、このお祭りに参加すれば、蜂の子を使った料理を食べることができます。

蜂の子の料理というのは、例えば、蜂の子を他の具材とともに焚いた炊き込みご飯や、蜂の子をペースト状にして練り込んで作った五平餅などがあります。炊き込みご飯は、成虫と蜂の子の両方を使っていて、成虫の方は殻付きのため小エビのような食感がして、蜂の子の方は柔らかな甘みが楽しめます。お土産用としても、甘露煮の瓶詰めや冷凍ものが売られています。毎年11月のはじめに開催されるため、食べてみたい人は参加してみると良いでしょう。

トップに戻る