厳選&比較

蜂の子の保存法と賞味期限

蜂の子を自分で調理したいと思っても、生きたまま手に入れるのは難しいと思われます。そして羽化直前が栄養満点とはいえ、すぐに成虫になって飛び回りかねません。実際のところ、蜂の子をイベントなどで食べられる地方以外は、生のまま調理した料理を食べることは難しく、冷凍したものでもないと手に入ることはできません。

では、美味しいまま蜂の子を保存するにはどうすれば良いでしょう。生のまま味付けをせずに冷凍した製品がお好みならば中国産ですが通販で購入が可能です。冷凍室に保存して約1年賞味期限があります。国内産で取れた蜂の子を味付けして冷蔵保存したものは、賞味期限が44日で、冷凍すればさらに持つようです。長期保存が可能なのは、調理済みの缶詰です。常温保存で製造日から3年保存できます。蜂の子サプリメントは、当然のことですが常温保存です。

賞味期限はメーカーによって異なり、2年と1年がありました。パッケージごとに記載もありますので、開封前に見ておくと良いでしょう。いくら賞味期限が先であっても、開封すれば劣化が始まります。開封済みになると、使用目安の期間が保証期間になるようです。つまり30日分なら開封の保証期間は30日です。それを長期間過ぎてしまったサプリメントは、飲まないほうが良いのです。

さらに、そのサプリメントを置いている環境も大切です。パッケージに記載されているように「高温多湿、直射日光を避けて」とあるからには、高温に弱く日が当たると劣化が早まるということになります。結果的に成分が変化してしまうこともあります。

蜂の子サプリメントは正しく保存し、期限内に飲み切りましょう。

トップに戻る