厳選&比較

自律神経に直接作用する蜂の子

皆さん、蜂の子がどんなものなのか、ご存知でしょうか。蜂の子とは、言葉通り蜂の子どもで、成虫になる前の幼虫のことです。蜂はミツバチを筆頭に、世界には10数万種いるといわれています。それらの幼虫が全て、蜂の子と呼ばれています。

蜂の子は、昔からたくさんの国で貴重なタンパク質等の栄養源として人々に愛用されてきました。もちろん日本でも、昔から蜂の子はタンパク源として人々の栄養不足を補っており、今でも、日本各地の伝統的な郷土料理として食されています。虫を食べることが身近でない現代の私たちですが、実は蜂の子は、世界でも日本でも、私たち人間の食生活に積極的に取り入れるべき食材なのです。

蜂の子は、私たち人間の体にとって、単なる栄養源としてだけでなく、食べると良い効果が他にもたくさんあります。基本的な効果としては、低下した体力を回復し、元気を復活させ、体全体のコンディションを整えることが挙げられます。さらに臨床的には、血液の循環を促進させることがわかっています。蜂の子の摂取で、体力をつけ、血液の循環を良くすることで、女性の生理痛が治まったという例がたくさんあります。また、蜂の子が女性特有の症状に特効的、即効的に効くのは、蜂の子の主成分であるアミノ酸(たんぱく質を構成する成分)をはじめ、ビタミンやミネラルなどの各種栄養成分が自律神経に直接作用した結果だと言われています。このことから、蜂の子は、女性、特に自律神経が乱れやすい年代である40歳以上の女性に、特にお勧めの食材なのです。

トップに戻る