厳選&比較

蜂の子はどうやって選ぶ?

耳鳴りの改善や健康づくりのために蜂の子が良いといわれています。中国の医学書には、蜂の子は頭痛を治したり、皮膚の艶を出し血色が良くなる効果があるとも書かれています。これから初めて蜂の子を購入される方へ、選び方のポイントについてご紹介しましょう。

まず、蜂の子を選ぶときは、雄の蜂の子のみが入っているものを選ぶことが大切です。雄蜂は、1つの巣に5%程度しか存在しません。1つの巣には、女王蜂が1匹と働き蜂が95%を占め、雄蜂は、成虫になるまでの期間が24日と長いため、栄養素をたっぷりと含んでいます。

雄の蜂の子が良いとされる理由は、栄養価が高いことにあります。さらに雄の蜂の子の中でも、生後21日目の蜂の子が栄養成分が一番高いとされているため、蜂の子を選ぶ時は生後21日目の蜂の子のみを使ったものがおすすめです。生後21日目の蜂の子は、成長ホルモンが一番多く出ており、そのパワーはローヤルゼリーのおよそ300倍以上の価値があるともいわれています。

また、蜂の子を選ぶ時は、蜂が育つ環境についても確認をすることが大切です。蜂の子は、ストレスにさらされることがない清潔な環境で育つことを好み、自然に近い形で育成されたものが良いとされています。ミツバチは花粉や樹液を集めて巣に持ち帰り、蜂の子を育てますが、その花や木が農薬などに汚染されていないことも大切です。ミツバチのいる環境が、農薬が散布されていない場所であることも必要なのです。

トップに戻る